メニュー

対日不動産の基礎知識2 - アイ・インターナショナル株式会社|東京の不動産投資,不動産売買仲介

日本語  | English | 中文

お問い合わせ

人材募集

アイ・インターナショナル株式会社

アイ・インターナショナル株式会社

日本語  | English | 中文

お問い合わせ

人材募集

対日不動産の基礎知識

対日不動産の基礎知識2

レバレッジ効果

 レバレッジ効果とは「テコの原理」のことです。小さな力で大きな効果をもたらすという意味です。

不動産投資においては、「小さな資金で投資効果を上げ、さらには収益性をも高める」ということになります。自己資金および借入金を併用することで、見かけの利回り以上の収益を得ることができるというものです。

例えば、年間収入1000万円の物件を自己資金5000万円、借入金10,000万円で購入した場合、見た目の利回りは6.7%となりますが、年間収益1000万円から借入金(金利3%で計算)の利息300万円を差し引いた700万円を自己資本5000万円で割ると、自己資本に対する投資利回りは14%になります。

これが、「レバレッジ効果」といわれるもので、自己資金および借入金は変わらないものの見かけの利回り以上の収益を得ることが出来ます。