日本の不動産市場

日本の不動産市場

  • コロナ禍の不動産市場

    今、世界経済の中心であるアメリカが経済活動の多くを停止し、世界のどの国も景気が悪くなっている状態です。

    日本でも、仕事をする人たちの生活様式は変わり、テレワークや在宅勤務をする人が増えました。それに伴いオフィススペースの需要は将来的に低下が見込まれます。
    反対に自宅で過ごす時間が増えたことから自宅購入への意識が高まり、低金利も相まって買いたい人は多いが売りたい人は少ないという状況になっています。これにより価格は上昇傾向にあります。

  • 日本の市場の移り変わり

    日本の主要都市の不動産価格は、2012年末からの政権交代でアベノミクスの登場以降変化を始め、 2013年3月には日本銀行総裁が変わり、金融緩和が発動され金利をゼロにしてお金を市場に流し込んだため不動産は高騰を続けてきました。

  • 投資物件も高級感のある新築マンションから中古マンション

    2021年の東京オリンピック開催をみこんでいたが、訪日外国人が2020年のコロナウィルスにより陰りをみせた近年、 中古マンションが注目を浴び始めています。
    利回りの低い新築マンションよりも中古マンションは購入するためにローンを返済している間も利益が残り、長く安定的な利回り利益が期待できます。

是非、お気軽にご相談下さい。